ハイセンスなカフェを維持するために対策知識をつけよう

シロアリ被害に遭ったウッドデッキやラティスの処理と、シロアリ駆除には費用が発生します。対策する予算を考えて、依頼を行ないましょう。対策費用と予算を考えるのは、今後カフェを維持するにも重要です。

シロアリ駆除費用相場とリフォーム相場

シロアリ被害に遭ったウッドデッキやラティスなどは一度解体して廃材に出すことがオススメです。残った廃材にシロアリがいる恐れもあるので、解体とシロアリ駆除、廃材の廃棄を行なうことになります。シロアリ駆除費用相場と、ウッドデッキをリフォームする費用についても考えてみましょう。

  • シロアリ駆除費用: 1,200円/1坪(参考:シロアリ110番)
  • ウッドデッキ解体:200,000円~
  • 再建築費用平均:250,000円~350,000円(人工木)
  • 例)10坪の費用相場(12,000円)+ウッドデッキ解体作成費用=462,000円程度

防虫効果の高いハーブの種類

ハーブ

シロアリの多いインドネシアなどの地域では、レモングラスを使った虫よけが今も使われています。レモングラスを束にしたブーケをシロアリのいそうな場所に置くだけだそうです。他にもミント、シトロネラ、ユーカリ、ラベンダーなどが虫よけのハーブとして知られています。

木材の見た目や雰囲気を変えずに利用するポイントとケア

木材を外に設置する危険性
ラティス、ウッドフェンス、ウッドデッキなど、オシャレでナチュラルな雰囲気のカフェテラスやお庭作りには木材は欠かせないものでしょう。しかし扱いには十分な注意が必要です。木材は雨風で劣化や腐敗が起きやすく、シロアリの温床になりやすいのです。
それでも木材をオシャレに使いたい!
そこでおススメなのが人工木材です。アルミやプラスチックなどを芯にして木粉や表面塗装をしているため、木材用のような見た目が維持できます。さらに柱はアルミ製になっているので、シロアリへの対策が可能で、天然木材よりも安価です。

忘れやすいポイントは定期的にチェック

廃材放置しない
廃棄する木材、薪、段ボールなどを土の上に放置していると、雨水などで接地面が腐食してしまう恐れがあります。気がつかないうちに食害が進んで、シロアリの巣の肥大化や、家の内部の木材にまで進行していることもあります。
プランター放置しない
虫よけハーブや観葉植物のプランターをウッドデッキや庭に飾っているカフェも多くあります。しかし定期的に持ち上げて掃除や換気をしておかないと、その部分から腐敗が始まっていることもあるので気をつけましょう。

TOPボタン